レッツ仮想通貨

初心者必見!! 仮想通貨の買い方を0から解説

仮想通貨の雑学・オススメ情報

仮想通貨における上場とは?どこで情報を仕入れる?

更新日:

2017年は主要なコインが軒並み上昇し、投資していた人にとっては非常に良い1年になったかと思います。

しかし、コイン1枚あたりの値段が上昇するに伴い、「もう主要な銘柄じゃ◯◯倍は望めないかな...。」と感じている人もいるかと思います。

そんな中、上場したばかりのコインは未だに大きな伸びを見せる場合が多々存在します。

そこで今回は仮想通貨の上場とはなにか、どのように上場の情報を仕入れるのかという話についてまとめて紹介します。

仮想通貨の上場とはどういうこと?

仮想通貨の上場とはどういうこと?

「上場」という単語を聞いて、真っ先に思い浮かぶのは株式の上場ではないでしょうか?

これはIPO(新規株式公開)と呼ばれ、証券取引所に上場することで誰でも売買取引ができるようになることを指します。

では最近耳にするICOとはなんなのか、仮想通貨における上場とはなにかを紹介していきます。

ICOはIPOと異なる

ICO(新規仮想通貨公開)はIPO、この二つはよく同じものであると誤解されていますが、全く異なります

以下の表をごらんください。

ICOはIPOと異なる

*ホワイトペーパーは事業計画書、トークンは特有のコインと思っていただければ問題ありません。

このようにICOはお金を集める手段であり、自由に売買できるようになるIPOとは異なります。

そのため基本的にICOを行った後、取引所に上場することで購入した人は売却できるようになるわけです。

仮想通貨の上場は株式と同じ

ICOとIPOは異なると紹介しましたが、株式における上場と仮想通貨における上場は同じことを指します。

取引所に上場することで自由に売買ができるようになります。

仮想通貨の上場では、株式上場のように上場の基準が設けられているわけではなく、基本的に取引所の意向で上場するコインは決まります。

またbinanceのように、どのコインを上場させるべきか利用者に投票という形で聞く取引所もあります。

上場するとコインの価格はどうなる?

上場するとコインの価格はどうなる?

では取引所に上場したコインはどうなるのでしょうか。

すでにある取引所に上場しているコインが他の取引所でも上場する場合と初めて取引所に上場する場合の二つがありますが、基本的に値上がりする傾向があります。

具体例を見てみましょう。

MONAの上場による高騰

MONAという日本発の仮想通貨がbitFlyerに上場したケースを見てみましょう。

もともと国内のZaif、海外のBittrexで上場していましたが、bitFlyerに上場したことで大きく価格が高騰しました。

実際のチャートは以下の通りです。

MONAの上場による高騰

10月2日に上場した直後は出来高(取引の多さを表す = 青い棒グラフ)は伸びたものの、価格は高騰しませんでした。

しかし、その後約2週間をかけ、約50円から約720円へと14倍以上の伸びを記録しました。

この例からも、上場すれば必ず高騰するとは言えませんが、大きな好材料であると言えます。

LSK上場の噂による高騰

次に紹介するのはLSK上場という噂が流れた事例です。

噂と書いているように上場が決定した事実はありません。

ことの発端はbitFlyerのCEOである加納氏の以下のようなツイートです。

このツイートが憶測を呼び、いつしかLSKが再有力との情報が出回りました。

その結果、上場確定ではないにもかかわらず以下のように値上がりを見せました。

上場確定ではないにもかかわらず値上がる

加納氏のツイートがあった時刻から約2日で約2,700円から約4,850円にまで上昇しました。

この事例からも「仮想通貨の上場」というものがどれほど好材料視されているかがわかっていただけたかと思います。

仮想通貨上場の情報はどこから得る?

仮想通貨上場の情報

ここまで「仮想通貨の上場は好材料で高騰する可能性が高い。」とお話してきましたが、そうなるといち早く情報を仕入れてそのコインを買っておきたいですよね。

つまり情報収集が非常に重要になります。

そこで次にどのような情報収集方法が良いかをまとめて紹介します。

Twitterで仮想通貨の情報を集めよう!

情報の速さという意味ではTwitterが非常に良い情報収集手段であると言えます。

リアルタイムで情報が流れてくるため、上場の情報をいち早くキャッチし、そのコインを購入することもできるのではないでしょうか。

スピード勝負になる仮想通貨の情報戦において有力な情報収集手段であると言えます。

Telegramで仮想通貨の情報を集めよう!

日本人には少し馴染みが薄いかもしれませんがTelegramも有力な情報入手手段の一つです。

Telegramはロシア生まれのメッセージアプリで、LINEに似たサービスです。

TelegramにはLINEと同じグループトーク機能があり、仮想通貨の情報交換グループがいくつも存在しています。

主に英語でやりとりされているため、少しハードルが高いですが、より新しい情報を得ることができるためお勧めできるかと思います。

情報の取捨選択に注意

ここまで情報収集の方法を紹介してきましたが、一点気をつけなければならないのが情報の取捨選択です。

必ず全てが正しい情報ではないですし、画像を捏造して騙そうとしている人もいます。

きちんと情報の出所を確認し、その上でコインを買うなどの行動に移すことを心がけましょう!

取引所の口座開設制限が始まっている

仮想通貨取引所の口座開設制限

仮想通貨の上場に向けて、しておかなければいけない準備が口座開設です。

しかし、仮想通貨への投資熱が過熱してきたこともあり、一部の取引所では口座開設の制限が始まっています。

せっかく上場の情報を手に入れてもそのコインを買えなかったら意味がありませんよね? なので早い段階から口座を開設し、準備しておきましょう!

バイナンスがオススメ

上場に関して特にオススメなのがbinanceという香港の取引所です。

日本語対応もしているbinanceでは100以上のコインが取り扱われています。

また毎月、上場させるコインを人気投票で決定するイベントを実施しており、定期的にコインが上場する取引所としても知られています。

この機会にbinanceの口座を開設し、上場値上がりのチャンス掴んでみては?

上場関連でおすすめの取引所

Bainance(バイナンス)
上場させるコインを人気投票で決定するイベントを実施など上場に積極的な話題の取引所です!

bitFlyer(ビットフライヤー)
CEOの加納氏曰く、1月中に新しいコインが上場する予定です!


今読まれている記事

-仮想通貨の雑学・オススメ情報

レッツ仮想通貨のトップページに戻る

Copyright© レッツ仮想通貨 , 2018 AllRights Reserved.