仮想通貨の雑学・オススメ情報

暗号通貨と法定通貨の違いとは

投稿日:

増え続ける法定通貨

今までの通過円やドル、ポンド、ユーロ、人民元といった法定通貨は、国や中央銀行が発行しこれはお金ですと保証したものです。法によって定められたものだから法定通貨と言います。

国や中央銀行が管理し発行し続けています、昔から今に到るまでずっと機能し使いつづけています。国が保証しているから、みんな安心して使っているのですがある日突然「明日から今までのお金は使えません」と宣言した時点で無価値になります。少し極端な話ですが、あり得なくはない話です。

もちろん、そのような事を国や中央銀行が宣言することは滅多にないかも知れません。そんな宣言をした瞬間から、紙幣は紙くずにコインは鉄くずになり。通帳の数字はただの羅列された数字に変わります。いつゴミクズになるかは誰にもわかりませんが…

また、法定通貨は国や中央銀行に通貨発行権の権限を持っている事が殆どです。その為市場に流通している紙幣の量を自由にコントロールします。紙幣を今より10倍、100倍する事も可能です。

信用創造とは

そして、刷る事でお金の流通量を簡単に増やす事ができるとお伝えしました。それ以外の銀行はお金を刷る事は出来ませんがお金を作り出す事ができます。それは信用創造です。信用創造を簡単に説明すると下の図のようになります。

銀行は預けられたお金を、企業や個人に貸し出して、世の中に流れるお金の量を増やしています。

【 A銀行に100万円の預金があって信用創造をした場合 】
1. A銀行は1割(10万円)を銀行の金庫に保管して、残った90万円を田中さんに貸し出します。
2. 田中さんは、借りた90万円をすぐに全部使わないので、A銀行の田中さんの口座に預けたままにしている。
3. するとA銀行の預金額は、額面上 合計190万円(もともとあった100万円+田中さんが預けてたA銀行に90万円)ということになります。
4. A銀行は、田中さんから預けられた90万円のうち9万円を残して、80万円を佐藤さんに貸し出します。
5. 佐藤さんも、借りた80万円円をすぐには使わないので、A銀行の佐藤さん口座に預けます。

6. するとA銀行の預金額は、額面上 合計270万円(上記190万円+佐藤さんからA銀行に預けられた80万円)になりました。

銀行が貸し出したお金は 田中さん90万円+佐藤さん80万円で170万円です。最初にあった100万円が、預金と貸し出しを繰り返すことによって、お金が何倍もの規模に広がることを「信用創造」といいます。これを繰り返すと1000万まで膨れあがります。実際にないものがあるようになるのです。

A銀行(100万円)田中さん佐藤さん
A 銀行(190万円)A銀行より 90万円借入
A銀行 (270万円)
A銀行より 90万円借入A銀行より 80万円借入

信用創造は実在しないお金を作り出す魔法のような仕組みです。これは、私たちが今手にしているお金は誰かが借金をしたお金を借りていると言う事にほかなりません。借金には利子がつきます。手にしているお金を借金の利息よりも高く運用しなくては今あるお金の価値は実際には下がっているのです。

しかし、実際にはそのよう事を考えて生活している人はいないと思いますが。こちらの動画は信用創造の話をわかりやすく説明してくれています。

紙幣を無限り刷り続け銀行が国民に存在しないお金を貸し続ける銀行の仕組みを力説するカナダ人の少女が本質を話してくれています。

現在の日本は大幅な金融緩和を実施しています。先ほど述べたお札を刷りまくっている状態です。

法定通貨は国や中央銀行によって都合のいいようにされますが、暗号通貨は発行枚数が決まっていたりしてますので刷りまくる事はできません。

ちなみ、金持ち父さんで有名なロバートキヨサキ氏は以下のように述べています。

“People’s Money” Crypto to Outlast Fiat “Scam” – Rich Dad, Poor Dad Author

1つ目は「国が発行するお金、法定通貨」政府のお金
2つ目は「金や銀など、永久不滅のお金」神のお金
3つ目は「仮想通貨など、人々のお金」国民のお金

https://news.bitcoin.com/peoples-money-crypto-to-outlast-fiat-scam-rich-dad-poor-dad-author/

暗号通貨(例 BTC)は「p2p」を軸にしています。暗号通貨は国や中央銀行が管理していません、その暗号通貨を使用する人全員が「これには価値がある」と認め正しく使われているかみんなでチェックし合うという考え方です。

だから、国がデフォルトなどにを起こしたら法定通貨は価値が無くなりますが暗号通貨はみんなが価値があると認識している以上明日から価値が0になる事はありません。0になるとしたらみんなが価値がないと認識したという事です。

仮想通貨肯定派の議員「藤巻健史氏」は以下のようにの以下のように述べています。

日銀破綻に備え、仮想通貨口座は持っておけ!

「もう日本の財政は、そういう状況にきている。明日、Xデー(日銀破綻)がきてもおかしくない」

https://zai.diamond.jp/articles/-/311804

藤巻議員が言うように仮想通貨の口座を持っていないといざと言う時に何も出来ません。スマホで簡単にできるので口座開設はしておく事をオススメします。

ビットフライヤー

コインチェック

binance

は最低限作っておきましょう。

まとめ

法定通貨暗号通貨
国 中央銀行の存在国 中央銀行が管理国 中央銀行は介在しない
発行数なし通貨毎に上限あり
実体ありなし
取引場所銀行取引所
価値の保証国が保証し
信用によって
価値決まる
利用者によって
価値が決められる。
管理者使用者自信

今読まれている記事

初心者は登録必須!仮想通貨を買える取引所ランキング 1

仮想通貨を買ってみようと思った時、そもそもどうやって買えば良いのか? どこで買えば良いのか? 初心者さんにとっては、頭を悩ませることだらけで何をすべきか手が止まりますよね。 わたしが仮想通貨をはじめる ...

2

大暴落や取引所への不正アクセスなど今年に入り、話題に事欠かない仮想通貨業界。 その中でも特に問題になっているのが仮想通貨を題材にした詐欺です。 周りでも「勧誘されて買った仮想通貨が詐欺だった」「カフェ ...

3

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ非常に盛り上がりました。 会社や学校での話題になるなど、仮想通貨について耳に挟む機会も増えてきたかと思います。 この話題性と比例するかのように仮想通貨の値段は全般的に値 ...

4

「スプレッド」 仮想通貨の取引をされている方はこの単語を一度は耳にしたことがあるかと思います。 このスプレッドを気にせず仮想通貨の売買をしていると気づかぬうちに損をしていることもあります。 そこで今回 ...

5

仮想通貨に興味はあるけど、どうすれば良いかわからない・・・ 具体的に何から始めたら良いのかわからない・・・ 仮想通貨だけでなく、投資すら未経験の初心者にとっては、わからないことだらけですよね。 私も最 ...

-仮想通貨の雑学・オススメ情報
-, ,

レッツ仮想通貨のトップページに戻る

Copyright© レッツ仮想通貨 , 2019 AllRights Reserved.